(常設展示室) |ブログ|さくらんぼ

blog

無料経営相談はこちら

(常設展示室)

6つの物語からなる
原田マハさんの短編小説集

「カフーを待ちわびて」
を読んだ時に感じた
目の前の情景が広がるような感覚…

その理由が分かったような気がします
原田マハさんはキュレーターだったんですね

それで目の前で見たものを表現する力があるのかもしれません
そして、それを物語として綴ったときに
ぼくたちにも同じ情景を見せてくれているのだ…と

6つの短編小説に出てくる絵画も
見たことのない絵画であっても
何となくその絵画がイメージできる

6つの絵画を改めて検索してみたのですが
記憶の遠くの方にあるものと原田マハさんの表現から
ほぼ6作品とも間違いなく思い浮かべることができました

物語は…
群青でぼくも同じ疾病でひどく落ち込んだ時期があるので
主人公の女性の気持ちが痛いほどよく分かることと
だからこそ、誰かを思いやる気持ちが自分の中で育まれていく
その感覚が自分ごとのように描かれていると感じました

デフォルトの眺望は
忙しく飛び回っていて
母の病気に寄り添うことができなかった自分を
そのままリアルに思い出させてくれるような物語でした

あとは…
興味を持たれた方はぜひ!ご一読ください!!

原田マハさんにハマりそうです(笑

#常設展示室
#原田マハ
#新潮文庫
#移動中に読む本
#KAZPONTA

一覧へ戻る

CONTACT まずはお気軽に
ご相談ください

0745-34-0138 [受付時間] 平日 10:00-16:00

お問い合わせ